it-swarm.asia

特定のWebサイトで提供されているSSL / TLS暗号スイートを一覧表示する方法を教えてください。

特定のWebサイトで提供されているSSL/TLS暗号スイートのリストを取得する方法を教えてください。

私はopensslを試しました、しかしあなたが出力を調べるなら:

$ echo -n | openssl s_client -connect www.google.com:443 
CONNECTED(00000003)
depth=1 /C=ZA/O=Thawte Consulting (Pty) Ltd./CN=Thawte SGC CA
verify error:num=20:unable to get local issuer certificate
verify return:0
---
Certificate chain
 0 s:/C=US/ST=California/L=Mountain View/O=Google Inc/CN=www.google.com
   i:/C=ZA/O=Thawte Consulting (Pty) Ltd./CN=Thawte SGC CA
 1 s:/C=ZA/O=Thawte Consulting (Pty) Ltd./CN=Thawte SGC CA
   i:/C=US/O=VeriSign, Inc./OU=Class 3 Public Primary Certification Authority
---
Server certificate
-----BEGIN CERTIFICATE-----
MIIDITCCAoqgAwIBAgIQL9+89q6RUm0PmqPfQDQ+mjANBgkqhkiG9w0BAQUFADBM
MQswCQYDVQQGEwJaQTElMCMGA1UEChMcVGhhd3RlIENvbnN1bHRpbmcgKFB0eSkg
THRkLjEWMBQGA1UEAxMNVGhhd3RlIFNHQyBDQTAeFw0wOTEyMTgwMDAwMDBaFw0x
MTEyMTgyMzU5NTlaMGgxCzAJBgNVBAYTAlVTMRMwEQYDVQQIEwpDYWxpZm9ybmlh
MRYwFAYDVQQHFA1Nb3VudGFpbiBWaWV3MRMwEQYDVQQKFApHb29nbGUgSW5jMRcw
FQYDVQQDFA53d3cuZ29vZ2xlLmNvbTCBnzANBgkqhkiG9w0BAQEFAAOBjQAwgYkC
gYEA6PmGD5D6htffvXImttdEAoN4c9kCKO+IRTn7EOh8rqk41XXGOOsKFQebg+jN
gtXj9xVoRaELGYW84u+E593y17iYwqG7tcFR39SDAqc9BkJb4SLD3muFXxzW2k6L
05vuuWciKh0R73mkszeK9P4Y/bz5RiNQl/Os/CRGK1w7t0UCAwEAAaOB5zCB5DAM
BgNVHRMBAf8EAjAAMDYGA1UdHwQvMC0wK6ApoCeGJWh0dHA6Ly9jcmwudGhhd3Rl
LmNvbS9UaGF3dGVTR0NDQS5jcmwwKAYDVR0lBCEwHwYIKwYBBQUHAwEGCCsGAQUF
BwMCBglghkgBhvhCBAEwcgYIKwYBBQUHAQEEZjBkMCIGCCsGAQUFBzABhhZodHRw
Oi8vb2NzcC50aGF3dGUuY29tMD4GCCsGAQUFBzAChjJodHRwOi8vd3d3LnRoYXd0
ZS5jb20vcmVwb3NpdG9yeS9UaGF3dGVfU0dDX0NBLmNydDANBgkqhkiG9w0BAQUF
AAOBgQCfQ89bxFApsb/isJr/aiEdLRLDLE5a+RLizrmCUi3nHX4adpaQedEkUjh5
u2ONgJd8IyAPkU0Wueru9G2Jysa9zCRo1kNbzipYvzwY4OA8Ys+WAi0oR1A04Se6
z5nRUP8pJcA2NhUzUnC+MY+f6H/nEQyNv4SgQhqAibAxWEEHXw==
-----END CERTIFICATE-----
subject=/C=US/ST=California/L=Mountain View/O=Google Inc/CN=www.google.com
issuer=/C=ZA/O=Thawte Consulting (Pty) Ltd./CN=Thawte SGC CA
---
No client certificate CA names sent
---
SSL handshake has read 1777 bytes and written 316 bytes
---
New, TLSv1/SSLv3, Cipher is AES256-SHA
Server public key is 1024 bit
Compression: NONE
Expansion: NONE
SSL-Session:
    Protocol  : TLSv1
    Cipher    : AES256-SHA
    Session-ID: 748E2B5FEFF9EA065DA2F04A06FBF456502F3E64DF1B4FF054F54817C473270C
    Session-ID-ctx: 
    Master-Key: C4284AE7D76421F782A822B3780FA9677A726A25E1258160CA30D346D65C5F4049DA3D10A41F3FA4816DD9606197FAE5
    Key-Arg   : None
    Start Time: 1266259321
    Timeout   : 300 (sec)
    Verify return code: 20 (unable to get local issuer certificate)
---

暗号スイートがAES256-SHAのものであることを示しているだけです。私は会話の16進ダンプを辿ることができることを知っていますが、私はもう少しエレガントな何かを望んでいました。

私はLinux上でこれを実行したいのですが、Windows(または他のもの)でも大丈夫でしょう。この質問は、私がPCI用に行っているセキュリティテストと一般的な侵入テストによって動機付けられています。

更新:

GregSは、SSLサーバーがクライアントの暗号スイートから選ぶことを以下に指摘します。だから私は一度に一つずつすべての暗号スイートをテストする必要があるだろうようです。私は何かを一緒にハッキングすることができると思いますが、これを行うためのより単純でより将来性のある(例えば新しい暗号)方法はありますか?

248
Jeremy Powell

暗号スイートをテストするためのbashスクリプトを書きました。 OpenSSLからサポートされている暗号スイートのリストを取得し、それぞれを使用して接続しようとします。ハンドシェイクが成功すると、YESが出力されます。ハンドシェイクが成功しなかった場合は、NOを出力し、その後にOpenSSLエラーテキストを出力します。

#!/usr/bin/env bash

# OpenSSL requires the port number.
SERVER=$1
DELAY=1
ciphers=$(openssl ciphers 'ALL:eNULL' | sed -e 's/:/ /g')

echo Obtaining cipher list from $(openssl version).

for cipher in ${ciphers[@]}
do
echo -n Testing $cipher...
result=$(echo -n | openssl s_client -cipher "$cipher" -connect $SERVER 2>&1)
if [[ "$result" =~ ":error:" ]] ; then
  error=$(echo -n $result | cut -d':' -f6)
  echo NO \($error\)
else
  if [[ "$result" =~ "Cipher is ${cipher}" || "$result" =~ "Cipher    :" ]] ; then
    echo YES
  else
    echo UNKNOWN RESPONSE
    echo $result
  fi
fi
sleep $DELAY
done

以下は、3つのサポートされていない暗号と1つのサポートされている暗号を示す出力例です。

[@linux ~]$ ./test_ciphers 192.168.1.11:443
Obtaining cipher list from OpenSSL 0.9.8k 25 Mar 2009.
Testing ADH-AES256-SHA...NO (sslv3 alert handshake failure)
Testing DHE-RSA-AES256-SHA...NO (sslv3 alert handshake failure)
Testing DHE-DSS-AES256-SHA...NO (sslv3 alert handshake failure)
Testing AES256-SHA...YES

編集:ホストとポートがスクリプトへのパラメータとして提供されるように柔軟性を追加

221
indiv

Nmapssl-enum-ciphers

ネットワークサービスから利用可能な暗号のリストを取得するためのより良いまたはより速い方法はありません。さらに、nmapを使用すると、利用可能な暗号ごとに強度、弱い、または不明の強度評価が得られます。

まず、 ssl-enum-ciphers.nse nmapスクリプトをダウンロードしてください( 説明はこちら )。次に、スクリプトと同じディレクトリから、nmapを次のように実行します。

HTTPサーバーでサポートされている暗号のリスト

$ nmap --script ssl-enum-ciphers -p 443 www.example.com

IMAPサーバーでサポートされている暗号の一覧表示

$ nmap --script ssl-enum-ciphers -p 993 mail.example.com

これがDovecot IMAPサーバーからの出力の抜粋です。

993/tcp open  imaps
| ssl-enum-ciphers:
|   SSLv3:
|     ciphers:
|       TLS_DHE_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA - strong
|       TLS_DHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA - strong
|       TLS_DHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA - strong
|       TLS_RSA_WITH_IDEA_CBC_SHA - weak
...
|   TLSv1.0:
|     ciphers:
|       TLS_DHE_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA - strong
|       TLS_DHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA - strong
|       TLS_DHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA - strong
|       TLS_RSA_WITH_IDEA_CBC_SHA - weak
...
|_  least strength: weak

Nmap done: 1 IP address (1 Host up) scanned in 1.03 seconds
152
Clint Pachl

特定のWebサイトが提供するSSL/TLS暗号スイートをテストできるツールはありますか?

はい、あなたは SSL Labs のWebサイト上のオンラインツールを使用して、公開SSLサーバーデータベースを照会することができます。 。

これが提供する情報の断片です。

alt text

(google.comの結果からのスクリーンショット)

100
Kez

sslscan は素晴らしい小さなユーティリティです。

それはTLSとSSLでの接続をテストし(そして構築スクリプトはそれ自身のOpenSSLのコピーとリンクして古いSSLバージョンもチェックされる)、そしてサーバーの暗号スイートと証明書について報告する。

google.comの出力例(読みやすくするために切り捨てられています):

$ sslscan google.com
Testing SSL server google.com on port 443

 TLS renegotiation:
Secure session renegotiation supported

  TLS Compression:
Compression disabled

  Heartbleed:
TLS 1.2 not vulnerable to heartbleed
TLS 1.1 not vulnerable to heartbleed
TLS 1.0 not vulnerable to heartbleed

  Supported Server Cipher(s):
Preferred TLSv1.2  128 bits  ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256   Curve P-256 DHE 256
Accepted  TLSv1.2  128 bits  ECDHE-RSA-AES128-SHA          Curve P-256 DHE 256
Accepted  TLSv1.2  128 bits  ECDHE-RSA-RC4-SHA             Curve P-256 DHE 256
Accepted  TLSv1.2  128 bits  AES128-GCM-SHA256
Accepted  TLSv1.2  128 bits  AES128-SHA
<snip>
Preferred TLSv1.1  128 bits  ECDHE-RSA-AES128-SHA          Curve P-256 DHE 256
Accepted  TLSv1.1  128 bits  ECDHE-RSA-RC4-SHA             Curve P-256 DHE 256
Accepted  TLSv1.1  128 bits  AES128-SHA
<snip>
Preferred TLSv1.0  128 bits  ECDHE-RSA-AES128-SHA          Curve P-256 DHE 256
Accepted  TLSv1.0  128 bits  ECDHE-RSA-RC4-SHA             Curve P-256 DHE 256
Accepted  TLSv1.0  128 bits  AES128-SHA
<snip>
Preferred SSLv3    128 bits  RC4-SHA
Accepted  SSLv3    128 bits  RC4-MD5
<snip>

  SSL Certificate:
Signature Algorithm: sha256WithRSAEncryption
RSA Key Strength:    2048

Subject:  *.google.com
Altnames: DNS:*.google.com, DNS:*.Android.com, <snip>
Issuer:   Google Internet Authority G2

Not valid before: Apr  7 08:24:31 2016 GMT
Not valid after:  Jun 30 08:20:00 2016 GMT
50
indiv

これはSSLスキャンツールの非常に優れた参照スレッドなので、1年前に作成されたCipherScanをリストします。また、鍵交換暗号に関する問題も特定できます。 https://github.com/jvehent/cipherscan

SNIとFreeBSDをサポートする私のフォークが欲しいなら、URLは https://github.com/oparoz/cipherscan です。

これはopenssl s_clientを呼び出して独自のOpenSSLバイナリの使用をサポートするスクリプトで、今後の機能や新しい暗号化方式をテストできます(例:chacha20 + poly1305)。

また、必要なポートに接続してstarttlssを使用することもできます。

これが典型的な出力です

# ./cipherscan -o ./openssl api.mycompany.com:443
...................
prio  ciphersuite                  protocols              pfs_keysize
1     DHE-RSA-AES256-GCM-SHA384    TLSv1.2                DH,4096bits
2     DHE-RSA-AES256-SHA256        TLSv1.2                DH,4096bits
3     ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384  TLSv1.2                ECDH,P-384,384bits
4     ECDHE-RSA-AES256-SHA384      TLSv1.2                ECDH,P-384,384bits
5     DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256    TLSv1.2                DH,4096bits
6     DHE-RSA-AES128-SHA256        TLSv1.2                DH,4096bits
7     ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256  TLSv1.2                ECDH,P-384,384bits
8     ECDHE-RSA-AES128-SHA256      TLSv1.2                ECDH,P-384,384bits
9     DHE-RSA-CAMELLIA256-SHA      TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2  DH,4096bits
10    DHE-RSA-AES256-SHA           TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2  DH,4096bits
11    ECDHE-RSA-AES256-SHA         TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2  ECDH,P-384,384bits
12    DHE-RSA-CAMELLIA128-SHA      TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2  DH,4096bits
13    DHE-RSA-AES128-SHA           TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2  DH,4096bits
14    ECDHE-RSA-AES128-SHA         TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2  ECDH,P-384,384bits
15    CAMELLIA256-SHA              TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2
16    AES256-SHA                   TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2
17    CAMELLIA128-SHA              TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2
18    AES128-SHA                   TLSv1,TLSv1.1,TLSv1.2

Certificate: trusted, 4096 bit, sha256WithRSAEncryption signature
TLS ticket lifetime hint: 300
OCSP stapling: supported

そしてここにオプションのリストがあります

-a | --allciphers   Test all known ciphers individually at the end.
-b | --benchmark    Activate benchmark mode.
-d | --delay        Pause for n seconds between connections
-D | --debug        Output ALL the information.
-h | --help         Shows this help text.
-j | --json         Output results in JSON format.
-o | --openssl      path/to/your/openssl binary you want to use.
-v | --verbose      Increase verbosity.

あなたが他のスクリプトからこれを呼び出しているならば、json出力は役に立ちます。

15

https://github.com/iSECPartners/sslyze

これはPythonベースで、Linux/Mac/Windowsでコマンドラインから動きます。

12
Scott

少しグーグルした後、私はこれを発見しました SSL-TLS(OWASP-CM-001)のテスト

「 - sV」スキャンオプションを使用した nmap スキャナは、SSLサービスを識別できます。脆弱性スキャナーは、サービス発見を実行することに加えて、弱い暗号に対するチェックを含むかもしれません(例えば、 Nessusスキャナー は任意のSSLサービスをチェックする能力を持っています弱い暗号を報告します)。

また、 Foundstone SSL Digger は、サポートされている暗号をテストしてSSLサーバーの強度を評価するためのツールです。これらの暗号のいくつかは安全でないことが知られています。

8
fluxtendu

私はほとんどのSSLテストtestssl.shを使っています( https://testssl.sh / devel version @ https://github.com/drwetter/を参照)。 testssl.sh 。脆弱性、暗号、プロトコルなどをテストします。

4
Dirk

Nmapの ssl-enum-ciphers スクリプトは、サポートされている暗号とSSL/TLSのバージョン、およびサポートされているコンプレッサを一覧表示できます。

2
bonsaiviking

@ indivの 答え とそれを自分自身の答えとして投稿するという提案に基づいて、私は@ indivのスクリプトの調整版を提供しています。最初の引数としてHostを指定すると、元のスクリプトと同じ結果が出力されますが、もう少しフォーマットされています。

#!/usr/bin/env bash
# adapted from https://superuser.com/questions/109213/how-do-i-list-the-ssl-tls-cipher-suites-a-particular-website-offers

# OpenSSL requires the port number.
# SERVER=192.168.1.1:443
SERVER=$1
if [[ -z "$SERVER" ]]; then echo "ERROR: no server specified"; exit 1; fi;

## Set up colors, if possible
if [[ $(tput colors) ]];then
  COLOR_BOLD="$(tput bold)"     # "\e[1;32m"
  COLOR_GREEN="$(tput setaf 2)" # "\e[1;32m"
  COLOR_RESET="$(tput sgr0)"    # "\e[0m"
fi


SERVER=$1:443
echo Server is ${COLOR_BOLD}"$SERVER"${COLOR_RESET}

DELAY=1
ciphers=$(openssl ciphers 'ALL:eNULL' | sed -e 's/:/ /g')

echo Obtaining cipher list from $(openssl version).

for cipher in ${ciphers[@]}
  do
  printf "%-42s" "Testing $cipher... "
  result=$(echo -n | openssl s_client -cipher "$cipher" -connect $SERVER 2>&1)
  if [[ "$result" =~ ":error:" ]] ; then
    error=$(echo -n $result | cut -d':' -f6)
    echo NO \($error\)
  else
    if [[ "$result" =~ "Cipher is ${cipher}" || "$result" =~ "Cipher    :" ]] ; then
      echo ${COLOR_BOLD}${COLOR_GREEN}YES${COLOR_RESET}
    else
      echo UNKNOWN RESPONSE
      echo $result
    fi
  fi
  sleep $DELAY
done
2
insaner

Kez's answer に記載されているSSL Labsオンラインツールを開発したIvanRistićによる(無料) OpenSSL Cookbook は、次のように述べています。

特定のサーバでサポートされているすべてのスイートを確認したい場合は、openssl ciphers ALLを呼び出して、使用しているバージョンのOpenSSLでサポートされているすべてのスイートのリストを取得してください。その後、それらを1つずつサーバーに送信して個別にテストします。私はあなたがこれを手動ですることを提案していません。これは、少し自動化することが大いに役立つ状況です。実際、これは良いツールを探すのが適切かもしれない状況です

ただし、この方法でテストすることには欠点があります。 OpenSSLがサポートするスイートのみをテストできます。 ...

すべての暗号スイートをサポートする単一のSSL/TLSライブラリがないため、包括的なテストが困難になります。 SSL Labsでは、私はこの目的のために部分的なハンドシェイクを使い、任意のスイートをサポートするふりをするカスタムクライアントを使いました。実際には単一のスイートでさえ交渉することはできませんが、交渉することを提案するだけで、サーバがスイートをサポートしているかどうかを判断するのに十分です。この方法ですべてのスイートをテストできるだけでなく、非常に効率的に実行できます。

(私の強調)

私が他の答えで言及したのを見たことがない1つのツールはDSD ISMのようなコンプライアンス規格に対して特に検出された暗号とプロトコルを比較することを意図しているスティーブンブラッドショーの SSLTest ですPCI-DSS」

それで、これか他の答えで言及されたツールのうちの1つを試みるか、あるいはあなた自身で構築して、そして部分的な握手のRistićのアプローチを使うことを考えなさい。

2
sampablokuper

SSLScanとOpenSSLの両方を利用して、以下のことを確認します。pentesterscripting.comにNiceという小さなスクリプトがあります。

  • SSL v2。
  • 週暗号は適しています。
  • MD5;そして
  • TLS再ネゴシエーションの脆弱性

http://www.pentesterscripting.com/discovery/ssl_tests (インターネットアーカイブ経由 Wayback Machine

メインサイトが現在死んでいるので、将来の保証のためにここで複製されます:

#!/usr/bin/env bash

# Description:
#       Script to extract the most security relevant details from a 
#       target SSL/TLS implementation by using sslscan.
# Author:  Raul Siles (raul _AT_ taddong _DOT_ com)
#          Taddong (www.taddong.com)
# Date:    2011-05-27
# Version: 1.0
#
# - Current SSL/TLS tests: 
#   SSLv2, NULL cipher, weak ciphers -key length-, strong 
#   ciphers -AES-, MD5 signed cert, SSL/TLS renegotiation
#
# Requires: 
# - sslscan
# https://sourceforge.net/projects/sslscan/
#
# Credits: Based on ssl_test.sh by Aung Khant, http://yehg.net.
# 

#
# /**************************************************************************
# *   Copyright 2011 by Taddong (Raul Siles)                                *
# *                                                                         *
# *   This program is free software; you can redistribute it and/or modify  *
# *   it under the terms of the GNU General Public License as published by  *
# *   the Free Software Foundation; either version 3 of the License, or     *
# *   (at your option) any later version.                                   *
# *                                                                         *
# *   This program is distributed in the hope that it will be useful,       *
# *   but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of        *
# *   MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the         *
# *   GNU General Public License for more details.                          *
# *                                                                         *
# *   You should have received a copy of the GNU General Public License     *
# *   along with this program. If not, see <http://www.gnu.org/licenses/>.  *
# *                                                                         *
# **************************************************************************/
#

VERSION=1.0

OPENSSLVERSION=$(openssl version)
SSLSCANVERSION=$(sslscan --version | grep version | sed -r "s/\x1B\[([0-9]{1,2}(;[0-9]{1,2})?)?[m|K]//g")

echo ------------------------------------------------------
echo " TLSSLed - ($VERSION) based on sslscan and openssl"
echo " by Raul Siles (www.taddong.com)"
echo " ( inspired by ssl_test.sh by Aung Khant )"
echo ------------------------------------------------------
echo + openssl version: $OPENSSLVERSION
echo + $SSLSCANVERSION
echo ------------------------------------------------------
echo

if [ $# -ne 2 ]; then 
   echo Usage: $0 IP PORT
   exit
fi

Host=$1
PORT=$2

echo  [*] Analyzing SSL/TLS on $Host:$PORT ...
echo 

# Run sslcan once, store the results to a log file and
# analyze that file for all the different tests:
DATE=$(date +%F_%R:%S)
TARGET=$Host:$PORT
LOGFILE=sslscan\_$TARGET\_$DATE.log
ERRFILE=sslscan\_$TARGET\_$DATE.err

echo [*] Running sslscan on $Host:$PORT...
sslscan $Host:$PORT > $LOGFILE 2> $ERRFILE

echo
echo [*] Testing for SSLv2 ...
cat $LOGFILE | grep "Accepted  SSLv2"
echo
echo [*] Testing for NULL cipher ...
cat $LOGFILE | grep "NULL" | grep Accepted
echo
echo [*] Testing for weak ciphers \(based on key length\) ...
cat $LOGFILE | grep " 40 bits" | grep Accepted
echo 
cat $LOGFILE | grep " 56 bits" | grep Accepted
echo
echo [*] Testing for strong ciphers \(AES\) ...
cat $LOGFILE | grep "AES" | grep Accepted

echo 
echo [*] Testing for MD5 signed certificate ...
#cat $LOGFILE | grep -E 'MD5WithRSAEncryption|md5WithRSAEncryption'
cat $LOGFILE | grep -i 'MD5WithRSAEncryption'

echo 
echo [*] Checking preferred server ciphers ...
cat $LOGFILE | sed '/Prefered Server Cipher(s):/,/^$/!d' | sed -r "s/\x1B\[([0-9]{1,2}(;[0-9]{1,2})?)?[m|K]//g"

echo
echo [*] Testing for SSLv3/TLSv1 renegotiation vuln. \(CVE-2009-3555\) ...
#echo [*] echo R \| openssl s_client -connect $Host:$PORT \| grep "DONE"
#
# Renegotiation details go to stderr (2>)
#
# if $OPENSSLVERSION is updated (version?) it supports RFC5746 and will print:
# Secure Renegotiation IS NOT supported
# Secure Renegotiation IS supported
#

echo R | openssl s_client -connect $Host:$PORT | grep -E "Secure Renegotiation IS|DONE"

echo
echo [*] New files created:
ls -l $LOGFILE
if [ ! -s $ERRFILE ]; then
        # Error file is empty
        rm $ERRFILE
else
        ls -l $ERRFILE
fi

echo
echo 
echo [*] done
echo

使用法:./ssltest.sh Host PORT

2
Pi3cH

もしあなたがNice grepable出力が欲しいなら(そして全てのSSL/TLSバージョンをチェックするためのサポート)

使用法:./script.sh www.url.com

#!/usr/bin/env bash
ciphers2=$(openssl ciphers -ssl2 'ALL:eNULL' | sed -e 's/:/ /g')
ciphers3=$(openssl ciphers -ssl3 'ALL:eNULL' | sed -e 's/:/ /g')
cipherst1=$(openssl ciphers -tls1 'ALL:eNULL' | sed -e 's/:/ /g')
cipherst11=$(openssl ciphers -tls1.1 'ALL:eNULL' | sed -e 's/:/ /g')
cipherst12=$(openssl ciphers -tls1.2 'ALL:eNULL' | sed -e 's/:/ /g')

SSL2="SSL2("
for cipher in ${ciphers2[@]}
do
result=$(echo -n | openssl s_client -ssl2 -cipher "$cipher" -connect $1:443 2>&1)
if [[ "$result" =~ "Cipher is ${cipher}" ]] ; then
  SSL2="${SSL2}${cipher}:"
fi
done
SSL2=$(echo "${SSL2})" | sed -e 's/:)/)/g')

SSL3="SSL3("
for cipher in ${ciphers3[@]}
do
result=$(echo -n | openssl s_client -ssl3 -cipher "$cipher" -connect $1:443 2>&1)
if [[ "$result" =~ "Cipher is ${cipher}" ]] ; then
  SSL3="${SSL3}${cipher}:"
fi
done
SSL3=$(echo "${SSL3})" | sed -e 's/:)/)/g')
TLS1="TLS1("
for cipher in ${cipherst1[@]}
do
result=$(echo -n | openssl s_client -tls1 -cipher "$cipher" -connect $1:443 2>&1)
if [[ "$result" =~ "Cipher is ${cipher}" ]] ; then
  TLS1="${TLS1}${cipher}:"
fi
done
TLS1=$(echo "${TLS1})" | sed -e 's/:)/)/g')

TLS11="TLS1.1("
for cipher in ${cipherst11[@]}
do
result=$(echo -n | openssl s_client -tls1_1 -cipher "$cipher" -connect $1:443 2>&1)
if [[ "$result" =~ "Cipher is ${cipher}" ]] ; then
  TLS11="${TLS11}${cipher}:"
fi
done
TLS11=$(echo "${TLS11})" | sed -e 's/:)/)/g')

TLS12="TLS1.2("
for cipher in ${cipherst12[@]}
do
result=$(echo -n | openssl s_client -tls1_2 -cipher "$cipher" -connect $1:443 2>&1)
if [[ "$result" =~ "Cipher is ${cipher}" ]] ; then
  TLS12="${TLS12}${cipher}:"
fi
done
TLS12=$(echo "${TLS12})" | sed -e 's/:)/)/g')

echo "$1,$SSL2,$SSL3,$TLS1,$TLS11,$TLS12";
2
hackajar

SSLScanは素晴らしいです。新しいツール SSLDiagnos はWindowsで動作します。あるいは、openssl s_clientを使用してスクリプトを書くこともできます。

2
Dwayne

私はまさにこれを行うツールを書きました。これはtlsenumと呼ばれ、 GitHub で利用できます。

[[email protected] tlsenum]$ ./tlsenum.py Twitter.com 443
TLS Versions supported by server: 3.0, 1.0, 1.1, 1.2
Supported Cipher suites in order of priority:
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_ECDHE_RSA_WITH_RC4_128_SHA
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA
TLS_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
TLS_RSA_WITH_RC4_128_SHA
TLS_RSA_WITH_RC4_128_MD5
TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
TLS_RSA_WITH_AES_256_CBC_SHA
TLS_RSA_WITH_3DES_EDE_CBC_SHA

これはTwitter.comに対するツールの出力例です。

これはSSLラボが行っていることと似ていますが、自動化して解析できるコマンドラインツールがあるとはるかに便利です。

1
Ayrx

TestSSLServer は純粋にJavaベースのソリューションです。利点:

  • それはプレーンソケット上で非常に低レベルで動作しているので、それはindependentJDKまたはOpenSSLのから利用できます

  • 追加のポート(ping用のICMPなど)を開く必要はありません。

  • 現在のクライアント証明書を使用しています

デメリット:

  • 2016年現在、暗号のリストは古くなっている可能性があります(ただし、これを判断するための専門家はいません)。

私の個人的な経験:1つだけHTTPSポートが開いていて(他のポートはありません)、クライアント証明書が必要でiptablesがアクティブなタイトレースサーバーを考えれば、利用可能な暗号を一覧表示できました。小さなシェルスクリプトを試す、SSL Labs、NMap、sslscan)

0
mstrap

SSLyzeは、もともと https://github.com/iSECPartners/sslyze にあり、現在は https://にあります。 github.com/nabla-c0d3/sslyze それは 他の答え で述べられていましたが、詳細は述べられていません。

SSLyzeはPythonベースで、コマンドラインからLinux/Mac/Windows上で動作します。これはOpenSSLを使用しており、WindowsではOpenSSLのバンドルコピーが付属しています。

プロトコル、暗号スイート、および主要な詳細、さらにいくつかの一般的な脆弱性のテストを一覧表示します。特定のチェックを有効または無効にして、より多くのデータを取得したり、スキャンをスピードアップしたりすることができます。

0
CBHacking

FTPでAUTH TLSを実行するものを探している間に、私はこのツールを発見しました: ssl-cipher-suite-enum

これはPerlスクリプトで、基本的にはハッカーのシェルスクリプトの動作を実行しますが、より洗練されています。

それはまた提供された暗号とプロトコルの基本的な評価を提供します。これはSSL Labsツールにやや似ていますが、家庭用のみです。 :)

デフォルトでは、FTP上のAUTH SSLしかサポートしていませんが、単純な検索と置換でそれを修正できます。ボーナスとして、それはまたSTARTTLSとRDPでSMTPをサポートすると主張します。

0
Daniel B

これらの答えはすべて問題ありません。回答の一部として、サーバーのリストを検出し、TLSクライアントがサーバーに接続したときのTLSクライアントのように、サポートされているすべての暗号スイートを提供するように直接TLSに依頼しないツールが必要なのはなぜでしょうか。

答えはサーバーはリストを送信しない、クライアント暗号リストで使用したい暗号を選択するだけです。これがSSL/TLSプロトコルの書き方です: http://wiki.opensslfoundation.com/index.php/SSL_and_TLS_Protocols#Cipher_Suites

そのため、クライアントは、サーバーでサポートされている暗号を見つけて、各暗号スイートごとに少なくとも1つの新しい開始ハンドシェイク(ClientHello)を実行できるように暗号を列挙する必要があります。

0
philippe lhardy

あなたができる唯一のことはそれらを全部、一度に一つずつ試して、どれが受け入れられるか見ることです。私はこれを行うためのツールを意識していませんが、スクリプト作成ツールとopenssl s_clientを組み合わせて1つにまとめるのは難しいことではありません。

クライアントはどの暗号スイートを受け入れるかをアドバタイズしますが、サーバーはそれを選択してそれを使用するか、気に入ったものが見つからない場合は接続を失敗します。

0
James K Polk